問題がない現場はないので大変だけど、逃げないのは達成感を体が覚えているから。
大勢の人と関わることで、コミュニケーションの大切さを学んだ。

全国各地の工事現場を回り、太陽光パネルの施工管理に携わっています。NEOに転職したのは3年前ですが、それ以前も建設関係の仕事に関わっていました。NEOで働くようになって最初に任されたのが、静岡県下田市で請け負った太陽光パネルの設置現場です。弊社からは自分ひとり、あとは業者さんたちという現場です。そこまでの大型の現場を任されたのは初めてで、チームワークも大変でしたし、元請業者さんと連携をとりながらいくつもの業種の職人さんたちの作業を管理することにも苦労しました。

現場では日々進捗があるので、マメな「ホウレンソウ(報・連・相)」を怠らずに元請業者さんとも職人さんとも意思疎通を行うことは欠かせません。自分が現場全体の状況を把握するために、コミュニケーションを取ることの重要性を痛感したのです。最初は逃げ出したいほど大変でしたが、最終的にはチーム全体の力で乗り越えることができたので、それ以降、大抵のことを大変ではないと思えるようになりました。コミュニケーションを大切にすれば、どれだけ大変でも乗り越えられることをその現場で学んだのです。

自由な風土の会社だからこそ、
何か一つスペシャルなスキルを
手に入れたい。

弊社にはあまり硬い規則がなく、仕事の進め方も自分がやりたい方法でやらせてもらえます。ある工事の施工管理を担当することになったら、「そのやり方は藤原に任せた」と一任してくれる。そうすると自分は会社から信用されていると感じますし、責任感を持って工事を完了させようという意気込みも生まれます。そして、大型の現場を任されるとそこでは関わる人も多いので、大勢の関係者と苦楽を共にできることがやりがいだと言えるかもしれません。問題が起こらない現場はありませんから、工期に間に合わせるという大前提の条件をクリアするために現場でコミュニケーションを重ね、最終的に竣工したときには大きな達成感を得られますね。

野立ての太陽光パネルの工事に始まり、最近では会社や工場の屋根の上での自家消費用の太陽光発電の案件が増えてきて、さらには洋上風力発電にも目を向けています。会社が新しい技術を手に入れ、環境問題に貢献する方法も増えてきている実感があります。自分では「何か一つスペシャルなスキルを手に入れること」を目標としているので、「このジャンルの仕事は藤原に頼めば問題ない」と言ってもらえるように、仕事を続けながら自分にできることを増やしていきたいです。そうすることで、NEOの一員として環境問題にも貢献できればと考えています。

  • 勤続年数:3年
  • 保有資格:なし
  • 出身地:東京都
  • 強み:コミュ力
  • 夢:何か一つスペシャルなスキルを手に入れること
  • 趣味:読書、ギター、ドラマ鑑賞
  • 尊敬する人物:大谷翔平
  • 好きな言葉:事実というものは存在しない。存在するのは解釈だけである。
お問い合わせ お知らせ サイトマップ 個人情報保護方針 Copyright © 2021 NEO co.,ltd. All Rights Reserved.