良い仕事をするには良い人間関係から。お客さまの住みたい家を実現するために、
自分の足で動いて経験を積み、職人さんとの信頼関係を大切にする。

私は建築事業部の工事課で、木造住宅の新築をメインに現場管理をしています。他のハウスメーカーでは、規格住宅やセミオーダースタイルが多いと思いますが、弊社の場合はゼロからお客さまの要望を元につくる注文住宅。毎回新しい案件に対応する難しさがありますが、営業、設計士と相談して、出来上がった図面を元に、お客さまの希望に適った家を建てられた時はすごく嬉しいですね。

建築業界に入ったのは自然な流れで、建築業を営む父親をそばで見ていたことが大きいです。営業、設計、現場管理、すべて一人でこなす仕事ぶりは尊敬していて、学生時代によく手伝いに行っていました。その頃から、現場の楽しさは肌で感じていて、いまも現場に行くのが好きです。私は、良い仕事をするには、良い人間関係が最初だと考えていて、実際に作業する職人さんとは、できるだけ早くに打ち解けて、相手が率直に話しやすい空気を作るようにしています。というのも、現場は情報交換の場でもあり、職人さんの技術を知る機会にもなります。建築業界は狭いので、大工さんと話しているうちに他の大工さんを紹介してもらえることもある。知らない職人さんがいたら積極的に声をかけるし、いろんなところに顔を出して、人脈を広げられるよう心がけています。

情けは人の為ならず。知識も経験も
人脈作りも自分の利益として返ってくる。

社内の設計士から、こういう方法を試してみたいとか、こういう材料を使ってみたいとか要望があれば、すぐ情報収集に動きます。日頃から、広く業者さんや職人さんとのつながりを持っておけば、情報をもらいやすいし、どう動けばいいのかわかる。現場管理として、家の質を落とさないよう守るべきラインは決めた上で、できるだけ職人さんの意見や要望を聞くようにしています。ちょっと無理をお願いすることになっても、「高倉くんが言うんだったら、やってやろう」と言ってくれるので、そこも自分の強みかなと。知識も経験も人脈作りも、最終的に自分の利益として返ってくると思って頑張っています。

私たちの仕事はお客さまの住みたい家をつくることなので、どんなにいい仕事をしても自己満足ではダメです。お客さまが喜んでくれなければ、いい家とはいえないですよね。努力して、お客さまの満足度を上げられれば、次のお客さまにつながり、会社の利益にもなる。これも「情けは人の為ならず」で、巡り巡って、自分のためになりますから。特別大きなことではなく、自分の手が届く範囲がみんな幸せだったらいいなと思っています。

  • 勤続年数:3年
  • 保有資格:2級建築施工管理技士
  • 出身地:大分県玖珠郡
  • 強み:機動力
  • 夢:家族に囲まれて最後を迎えること
  • 趣味:子育て
  • 尊敬する人物:父親
  • 好きな言葉:情けは人の為ならず

建築施工管理技士について

1・2級建築施工管理技士 技術検定制度は、建設業法第27条に基づき、国土交通大臣指定機関が実施する国家試験です。
1級建築施工管理技士の資格を取得すると、特定建設業の「営業所ごとに置く専任の技術者」及び現場に配置する「監理技術者」として認められます。また、2級建築施工管理技士の資格であれば、一般建設業の許可を受ける際に必要な「営業所ごとに配置する専任の技術者」及び「建設工事における主任技術者」として認められる等、施工管理に携わる方には必要不可欠な資格です。

お問い合わせ お知らせ サイトマップ 個人情報保護方針 Copyright © 2021 NEO co.,ltd. All Rights Reserved.